アクセスカウンタ

axes厩舎〜個人馬主への道〜

プロフィール

ブログ名
axes厩舎〜個人馬主への道〜
ブログ紹介
通算戦績 417戦46 27 26 318
勝率.110 連対率.175 複勝率.237


一口馬主17世代に入りました
目下、6世代連続勝ち上がり率100%
50歳までに地方の個人馬主、
60歳までにJRAの個人馬主を目指します
zoom RSS

霜月S回顧

2017/11/20 17:40
ついにオープンクラスへと上り詰めたドリームドルチェ。
昇級初戦となった霜月Sを振り返ります。
12番人気と低評価ながら、自分の競馬さえすれば十分戦えるという手応えを感じて挑んだ一戦。
期待通りの走りで、5着と大健闘。
全く位負けしない走りが非常に頼もしく映りました。

絶好のスタートからハナを窺う展開。
先に行きたい馬たちを行かせて、好位のインは予想通り。
ここで若干を脚を使ったことが最後に響いたとも言えますが…。
ペースは落ち着き、馬群が凝縮され直線へ。
インで詰まるのも想定内。
逆に脚が溜まると思っていました。
直線が長い府中では必ずバラけると確信し、見守りました。
1、2着馬が先に抜け出し、追いかけるように3番手まで上がりましたが、残り100mで力尽き後続に差されての5着。

中谷騎手はベストの騎乗をしてくれたと思います。
最後に垂れてしまったのは、序盤に少し脚を使ってしまったこと、久々の1400m、さらに馬場が乾いたことが原因でしょう。
馬場が渋ればもう少し上はあったかなと思いますが、昇級初戦で自分の形に持ち込めたことが素晴らしい。
徐々に力を蓄えてここに至った過程が実を結んでいます。

もうオープンクラスは大丈夫。
これからも勝ち負けに加わる力は示しました。
勝負は時の運。
ドルチェがそういう星のもとに生まれているなら、重賞制覇を達成することができるでしょう。
それを信じて見守りたいと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


マイルチャンピオンシップ

2017/11/19 12:23
◎ エアスピネル
○ レッドファルクス
▲ クルーガー
△ ヤングマンパワー
△ イスラボニータ
△ サトノアラジン

混戦模様のマイル路線。
本命は安定感を上位に取ってエアスピネル。
GT善戦マンに甘んじていますが、ここが最適の舞台。
乗り替わりは少し不安ですが、連軸として信頼は置けると判断しました。
レッドファルクスで足りそうな気はしますが、ここを目標にしてきた馬ではないですし、乗り替わりが微妙に影響を与えそうなので、対抗に留めました。
穴でクルーガー。
力は差はないと思いますので、思い切った騎乗をしてほしい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


TCライオン・2017年募集馬検討1

2017/11/17 20:30
11月6日 カタログ到着
11月9日 動画公開
11月15日 測尺発表
…を受けて検討に入りました。
ヒカルウェイブの2016と牝馬4頭が良く見えました。
価格も手頃な牝馬4頭は、なかなかの粒揃いだと思いましたが、測尺で脱落してしまった馬もおり、出資候補は混沌としてきました。
今年は牝馬から出資候補馬を絞ることにしました。

〜ユメノオーラ×ダンカーク ♀〜
募集総額1200万円 美浦・田島厩舎
馬体重440s、体高155p、胸囲178p、管囲19.5p
現時点でトップ評価。
セレクションセール時より馬体はスッキリ見せています。
鈍重な印象は全くありません。
全体に良くまとまっている点は良いですが、前肢はやや不安を感じる造り。
管囲もちょっと眉唾で、いかにも細く見えますが…。
血統的にダートに間違いないので、そこまで心配する必要はないと妥協しました。
前肢の踏み出しは少し硬そうですが、後肢はスナップが非常に良く利いています。
半兄、半姉がJRAでともに3勝。
母はかなり優秀は繁殖です。
半姉と血統構成が近く、母の軽めの血統をガッチリ受け止める重厚な米国血統が合っていそうです。
馬体、血統、価格を総合的に判断し、出資候補一番としました。

画像


〜マチカネセキガハラ×トーセンホマレボシ ♀〜
募集総額1560万円 栗東・小崎厩舎
馬体重435s、体高155p、胸囲180p、管囲19.5p
現時点で二番手評価。
セレクトセール出身ですが、落札時には全く興味が湧きませんでした。
動画で評価が急上昇した馬です。
さすがに、セレクトセ−ルに出てくるだけのことはあります。
柔らかく、大きく踏み出す歩様が素晴らしく良く見えます。
若干、曲飛に見えますが、全体のバランスも良く、これなら候補馬として遜色ありません。
馬体の完成も早そうです。
蹄が小さく見えますし、繋ぎも立ち気味。
母系からもダートにシフトしそうです。
ダート中距離で面白い存在だと思います。

画像


ケルヴィテッセの2016とエリモフィナーレの2016は、すでに馬体重が500s前後あり、一旦、評価を下げました。
2頭ともかなり緩そうなので、このまま500キロ前後で推移するなら、候補馬に格上げしても良いと考えています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


在厩馬

2017/11/17 07:17
〜ドリームドルチェ〜
日曜日東京競馬メインレース、霜月Sに中谷騎手で出走予定。
無事、出走枠に入りました。
時計だけですが、直前追い切りは前走より良さそう。
距離の心配を挙げられていますが、個人的にはズブくなっている近走を考えると、むしろ向いているのではないかと思います。
内々で溜める競馬ができれば…。

〜ポートナイトサイト〜
今週の2歳未勝利戦を予定していましたが、出走間隔が足りず除外になってしまいました。
目標を切り替え、中山1週目のダート1200m。
前走から中3週空くことなりますので、出走できるでしょう。
1回はビシっと追えるので、かえって良かったかもしれません。

〜ドリームハヤテ〜
来週の障がいオープン競走に出走予定。
3日と空けずに時計を出していますが、もうひとつ時計が詰まってきません。
上がり12秒台は常に出していたはずですが…。
叩いて年明けの一戦が本番ですかね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


外厩馬

2017/11/16 07:51
〜フラントイオ〜
セグチRSにて、入厩へ向け調整中。
右前の不安が解消し、ここにきて急上昇。
年内の入厩が見えてきました。
馬体重は544sと、セレクションセール時の幼い馬体がここまで変わるかという成長ぶり。
脚元に不安の出た馬なので、デビュー戦はダートでも良さそうです。
だいぶ絞らないといけないので、2月府中は厳しいですね。
3月中山が妥当な線。

〜ソルヴァーメテオ〜
放馬のアクシデントは大事には至りませんでしたが、針治療するなどで復帰戦が遅れてしまいました。
牧場関係者は責任を感じているのか、12月復帰に向けて急いでいる様子がコメントから読み取れますが、無理する時期ではありませんので、1月に復帰できれば十分だと思います。
焦らないでほしい。

〜エイム〜
こちらは焦ってほしいくらい。
厩舎事情で待たされているようですが、クラブもワンプッシュしてほしいですね。
まさか3月以降、全く戦力にならないとは…。
すぐ帰厩できれば、年内2回は使えるはず。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


霜月S

2017/11/13 17:36
ドリームドルチェのオープン初挑戦。
フルゲート16頭のうち、ハンデ上位3頭が優先出走権。
登録は29頭にのぼり、除外の可能性が出てきました。
次週京都のオータムリーフSに回る馬は出てくると思いますが、仕上げる厩舎側もギリギリの判断が迫られます。
ドルチェもどちらかに出走できれば良いと思いますが、今後のためにも1400mは試しておきたい舞台。
何とか出走枠に滑り込んでほしい。

さすがにオープンクラスだけあって、名の通った馬が何頭も。
字面だけで気後れしそうですが、泥臭く叩き上げでここまで上り詰めたドルチェなら、このメンバーでも伍して戦ってくれるはず。
週末を楽しみにしたいと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


エリザベス女王杯

2017/11/11 09:35
◎ クイーンズリング
○ ディアドラ
▲ ヴィブロス
△ ミッキークイーン
△ モズカッチャン
△ リスグラシュー
△ マキシマムドパリ

昨年の覇者、クイーンズリングが本命。
今年に入って成績が振るわないので人気を落としていますが、得意の条件で巻き返し可能とみました。
秋華賞を勝ったディアドラは、牝馬には珍しく使い込んで力を付けてきた馬。
モロさは感じませんので、ここでも戦えると思います。
乗り慣れた岩田騎手なら問題ないでしょう。
使い減りを極力抑えたローテーションが好感のヴィブロス。
叩き2走目が良さそうなので、チャンス十分でしょう。
以下、人気先行気味の馬より、マキシマムドパリに妙味を感じます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

axes厩舎〜個人馬主への道〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる